ペットに関する基礎知識~インコの飼い方~

最近はペットでも犬が話題にのぼることも多いですが、インコはあまりコストがかからず場所も取らない生き物なので、そういう面では比較的飼いやすいペットと言えます。そこで、ペットに関する基礎知識(インコ)について紹介しようと思います。自宅で飼うのに適しているインコの種類は複数あります。まず一般的な種類はセキセイインコです。寿命は10年前後とされています。色は様々で、白・黄色+黄緑色・青色+白色などバリエーションは豊富なので、自分の好みの色合いの物を選ぶことができます。人間の真似っ子も上手で好奇心旺盛なため、飼い主に慣れやすく、手乗りインコにするにも適しています。手乗りにしなくても、おもちゃで遊ぶ姿やおしゃべりする姿を眺めているだけで飽きません。よって、初心者向けのインコとも言えます。体長も20センチほどと手頃な大きさなので飼うのにも場所を取りません。セキセイインコと同じくらいの大きさのインコとしてメジャーなものが、ボタンインコなどです。ツートンカラーで顔は黒色、体はみどりや青など色の種類も豊富です。

セキセイインコほどの人懐っこさや好奇心旺盛さは無いので人に慣れない場合もありますが、毛並みや色がとても美しいインコなので、観賞用としても向いているインコです。少し大きなものになると、代表的なのがオカメインコです。体長は30センチ程で、寿命は20年弱とされています。特徴的なのが、名前の由来ともなっているほっぺたの赤い模様です。まるで子供がほっぺたを赤くしているような印象を与えるので、ほかのインコとは少し違った愛着がわくことでしょう。カラーバリエーションはそれほど豊富ではありませんが、頭の飾りも華やかで、見た目を楽しめるインコです。人の言葉を真似るのは若干苦手ですが、比較的穏やかな個体が多いので、長きに渡って楽しむには向いています。声が大きいのが難点です。オカメインコと同じくらいの大きさのインコは居ますが、少しマニアックな種類が多く、扱っているショップも少ないです。大きな種類で有名なのが、オウムやヨウムです。体長は個体によってまちまちですが、30センチオーバーからなので、飼うのにそれなりの場所を確保しなければなりません。また、寿命が長く、100年程生きる個体もいるので、一生涯のパートナーと捉えるのがベターです。価格も50万円前後で価格の幅も広いです。最近はペットでも犬が話題にのぼることも多いですが、インコはあまりコストがかからず場所も取らない生き物なので、そういう面では比較的飼いやすいペットと言えます。そこで、ペットに関する基礎知識(インコ)について紹介しようと思います。自宅で飼うのに適しているインコの種類は複数あります。まず一般的な種類はセキセイインコです。寿命は10年前後とされています。色は様々で、白・黄色+黄緑色・青色+白色などバリエーションは豊富なので、自分の好みの色合いの物を選ぶことができます。人間の真似っ子も上手で好奇心旺盛なため、飼い主に慣れやすく、手乗りインコにするにも適しています。手乗りにしなくても、おもちゃで遊ぶ姿やおしゃべりする姿を眺めているだけで飽きません。よって、初心者向けのインコとも言えます。体長も20センチほどと手頃な大きさなので飼うのにも場所を取りません。セキセイインコと同じくらいの大きさのインコとしてメジャーなものが、ボタンインコなどです。ツートンカラーで顔は黒色、体はみどりや青など色の種類も豊富です。セキセイインコほどの人懐っこさや好奇心旺盛さは無いので人に慣れない場合もありますが、毛並みや色がとても美しいインコなので、観賞用としても向いているインコです。少し大きなものになると、代表的なのがオカメインコです。

体長は30センチ程で、寿命は20年弱とされています。特徴的なのが、名前の由来ともなっているほっぺたの赤い模様です。まるで子供がほっぺたを赤くしているような印象を与えるので、ほかのインコとは少し違った愛着がわくことでしょう。カラーバリエーションはそれほど豊富ではありませんが、頭の飾りも華やかで、見た目を楽しめるインコです。人の言葉を真似るのは若干苦手ですが、比較的穏やかな個体が多いので、長きに渡って楽しむには向いています。声が大きいのが難点です。オカメインコと同じくらいの大きさのインコは居ますが、少しマニアックな種類が多く、扱っているショップも少ないです。大きな種類で有名なのが、オウムやヨウムです。体長は個体によってまちまちですが、30センチオーバーからなので、飼うのにそれなりの場所を確保しなければなりません。また、寿命が長く、100年程生きる個体もいるので、一生涯のパートナーと捉えるのがベターです。価格も50万円前後で価格の幅も広いです。飼い方と、飼う上での注意ですが、温度管理をしなければならない品種も多いです。特に寒さに弱いものが多いので、冬場は特に鳥小屋ごと日当たりの良い場所で飼うことが基本となりますし、場合によっては空調管理も必要となります。また極端な暑さにも弱い為、夏場は直射日光の当たらない風通しの良い場所で飼う必要があります。手乗りにしたい場合は、ひなの時から飼い主の手で餌付けする必要があります。生後1ヶ月くらいまでから餌付けを行うと手乗りになりやすい為、ペットショップでは手乗りにできる月齢のひなを置いていない場合があります。手乗りにしたい場合は知人などを通じて譲ってもらうと、適切な時期に餌付け開始ができる可能性が高いです。餌は、ホームセンターなどで売っている餌と、プラスアルファで小松菜などの葉物野菜を与える必要があります。産卵期やインコの体調など、別途栄養補助の餌を与える必要もあります。日常的なお世話は、餌やりと水の交換、そして数日置きに糞の掃除などを行い、衛生面で気をつけなければなりませんし、日光浴などさせる必要もあります。また、爪切りなども行わなければなりません。ただ、犬のようにお散歩をさせる必要もありませんし、ご飯も基本的に小屋の中に入れっぱなしで構いません。なので、長時間家をあける人でも飼うことができる種類と言えます。

Leave a Reply

*